もったいない古時計   

僕んちの物置にあった古い時計(ボンボン時計)です。
昔のおばあちゃんの家で使っていた時計のようです。
たぶん製造は大正か昭和初期だと思います。
セイコーの製品です。
これをお父さんはインターネットオークションに出そうと思っていたそうですが
思い止まりました。
それはネジを巻いて使ってみたら「ボーン、ボーン」っていう響きがとても心地よく、
今の時計にはない新鮮さがある。といって、売ってしまうのはもったいないと考えたようです。
c0138868_218744.jpgさらに、これって電池で動いているんじゃないんですよね。手で巻いたぜんまいが動いて振り子が時をカッチカッチと刻んで音を出しているのですから全く燃料を使っていないって事もエコで素晴らしいと思います。

c0138868_218546.jpg昔は時計が貴重だったのか、汚れないようにこのように箱に入れて、柱に掛けて使っていたのですね。昔の人は物を大事にしていた証拠がこんなところで見受けられます。

c0138868_2194237.jpg杉の薄い板でガラスのケースになっていますが、今ではこの年代物の箱だけでも値打ちがありそうだと思います・・・。
[PR]

by ecokoumutenn | 2007-12-15 21:26 | ・ちっちゃなエコ活動

<< 今日のもったいないは時間。 CO2削減は家計にも・・ >>